行間を読む

男同士の言葉に出来ない何か

ポイズンドーターホーリーマザー

※ネタバレあり

全体として母親と娘のはなしであり、当事者と他者のはなしでもありました。
湊かなえさんの作品は、本当にありふれた人間のどろどろとした部分を書くのが上手い。フィクションでありながら、登場人物はしっかりと現実味があるのが堪らなく好きです。


「マイディアレスト」
姉には厳しく、妹には甘い母親のはなし。姉は、母親の言いつけ通り生きているのに誉められるのは何故か妹。挙げ句の果てに変人扱い。こりゃ、やってられないですよ。頭おかしくなりますわ。
ただ、姉の何かがキレる瞬間がカッとなってやってしまった感が伝わって最高でした。
そしてあくまでも、妹を殺してしまった行為は蚤取りであるというのが堪らなく好きです。 
やべぇ~~~最高!!!


「ベストフレンド」
最優秀賞を受賞した薫子に対する涼香の嫉妬がヒシヒシと伝わってきました。格下に見ていた人間に追い越されたときの憎悪は誰しも一度は抱いたことのある感情ではないかと思います。
涼香と薫子の関係を悪い方にミスリードしたあと、薫子を刺したのは涼香ではなくもう一人の優秀賞受賞者と知ったときは「あ~~~」ってなりました。
何より、涼香の最後のブログに書かれていたことが良かったです。
友情は人それぞれ。
もし、生きていたら2人は本当に親友になれたのではないかと思うと残念でなりません。


「罪深い女」
最初は主人公が通り魔をした犯人をその気にさせてしまったという展開かと思ったら、そうではなく親切にすることが相手にとって良いこととは限らないの典型でした。
主人公はめちゃくちゃ自分に酔っているし、主人公の母親はマジモンのやばい人で「ひぇ~~」ってなりました。
途中まで、主人公に同情していたのに…。この母親に、この娘ありって感じです。
自分しか見えていない人は、本当に何も気づけないんだなと思いました。
幸せちゃ、幸せなんでしょうね。


「優しい人」
こっちの主人公の方が、「罪深い女」なんじゃないのかと思ってしまいました。
自分の意志を押し殺していると「優しい人」と思われ、面倒な人を寄せ付ける。私は、主人公にめちゃくちゃ同情しましたけどこの場合、自分の意思表示をはっきりとしてこなかった主人公にも責任はあるのかと思ってしまう…。
でも、ストーカー男は本当に無理だ~~。
続きはないけれど、主人公が救われるといいなと思います。
主人公は人に興味がない故に「優しい人」と言われ、ストーカー男は誰も本気で関わろうとする人がいなかった故に当たり障りのない評価としての「いい人」と言われていたと思うと最高に皮肉が効いているなと思いました。


「ポイズンドーター」
ホーリーマザー」
この2つは対になっていて、娘から見た母親と他者から見た母親というはなしなんですが最悪としか言えなかったです。
後味悪すぎる…。
娘から見た母親は確かに嫌な人間で、一緒にいたら参っちゃうなという印象。他者から見た母親は聖母で、決して「毒親」ではないという印象。
これ「ホーリーマザー」が後に来るから弓香(娘)の言うことが大袈裟に感じてしまうけど、弓香の友達の理穂が「姑よりもまし」と言ったところで「ないわ~~」と思いました。
辛さは人それぞれだし、本人が辛いならそれは否定してはいけないのではないでしょうか。
母親になり親の気持ちが理解出来ることはあると思いますが、それでも弓香の母親がしたことはヒステリー女そのもので理解し難い。
理穂は自分に酔っていて、結局弓香にマウンティングしたかっただけなんじゃないかなぁと思ったりしました。
湊さんのインタビューを読んだ限りでは、「みんな毒親って言い過ぎじゃない? 酷くない?」って印象を受けました。湊さんは、理穂寄りなんだろうなと思うとつれぇ~~。
からしたら、弓香も理穂も無理ですわ。


まぁでも、今回も面白かったです!!!

華麗なるギャッビー

→2013年制作

→ギャッビー×ニック

※ネタバレあり

カテゴリーとしては、「恋愛映画」なんですけど私としては最高の男と男の映画なんです。
だってですよ、ギャッビーの傍に最後までいたのはニックと執事の二人だけなんですよ!?!?!!!
しかも、ギャッビーの葬儀はニックが喪主とか…や、やばい…。
ギャッビーはただデイジーを取り戻したかっただけ…それだけだったんです。なのに、愛していた人はギャッビーに罪を擦り付け自分の旦那と娘と高飛び。信じらんない。
まぁ、ニックも病みますよ。
最初、ギャッビーはニックに対してデイジーと会うために必要な道具として接していたんですが、ニックの見返りはいらない発言から本当の友情を二人は育みます。
ギャッビー、めちゃくちゃ嬉しかったをだろうな、と思うと胸が痛い。
ニックも煌びやかな生活を送る虚構の「J・ギャッビー」ではなく、一人の人をひたすら愛し続けている「ギャッビー」という人間に惹かれていったんだと感じました。
だからなおさら、ギャッビーが死んでしまったことが残念でならない。せっかく、ニックという何よりも代え難い存在を手に入れたのに…。
お金じゃニックは手に入らないんですよ!!!!!!
ヤバすぎでしょ…お金持ちのギャッビーが最後に手にしていたものはお金では買う事のできない、ニックとの友情とか…泣くわ…。
もしギャッビーがあのまま生きていら、デイジーに置いていかれたことに酷く傷つき自暴自棄になっていたと思います。
けど、ギャッビーにはニックがいるじゃないか!!!!!!
私はニックと誰も知らない場所に行って欲しかった…。
「一緒に来てくれるかい、友よ」ってギャッビーが言えば、ニックは二つ返事で「勿論」って笑って頷いてくれたと思うよ…。
それで二人で会社でもつくればいいじゃん。二人なら出来るって。
だって、一人じゃないんですよ…。ギャッビーとニックが一緒なら、何でも出来るよ。
頼む~~~!!!!!!
頼むから、起業してくれ!!!
それで、従業員を雇い始めるんだけどニックとやたら仲のいい男(女でも可)が現れてギャッビーに嫉妬して欲しいよ~~~。
うわ~~~嫉妬するギャッビー見てぇ~~~。
最初は仲のいい友人に対する執着かと思うんですけど、楽しそうに自分以外の人間といるニックを見て「違う。これは…愛だ」って気づくんですよ;;
で、二人はなんやかんやで結ばれるんですけど、ギャッビーはニックが本当に自分のことを愛しているのか不安に思うわけです。
やばくないですか!?!?
ニックが本当に自分のことを愛しているのか不安に思うJ・ギャッビー…見たくないですか!?!?
私は見たい、死ぬほど見たい。
んんんんんんんんんんんんんんんんんん~~~誰か助けて…。

本当に本当に最高の男と男のはなしなんで、多くの人に観て貰いたいです。

ここに残していくよ

リク…圧倒的勇者の風格…。
KHⅢの最新トレーラーが2月10日に公開されたわけですが、もう破壊力がヤバい…。
語彙力が死んでいくレベル。
まず、主題歌が宇多田ヒカルさんの「誓い」に決定!!!
待ってて良かった…本当に待ってて良かった…。
キングダムハーツ=宇多田ヒカルって感じですから。
これは本当に譲れないです。
か~ら~の~、新ワールドに加えて十三機関メンバーとヴァニタス参戦決定~!!!
ヴァニタスがソラに向かって「ヴェントゥス」って言ったのは鳥肌が立ちました。
CV:入野自由とCV:入野自由
草生える。
全体的に最高としか言えないんですけど、私が何よりも最高だと声を大にして言いたいことがあります。
リク~~~!!!
アッーーーーーーー!!!!!
かっこいい;;
かっこいいよ~~~;;
ビジュアルがノクティス寄りで一瞬誰だかわかんなかったけど、リク~かっこいいよ~~~。
服も王様とお揃いじゃん!!!
仲良しか~~~可愛い~~~;;
今回のトレーラーのリクが圧倒的光属性で、なんか泣きそうになりました。
この子、闇落ちしたんですよ。ずっと仲間に贖罪の気持ちを抱えているんですよ…。
今までのリクは仕草や言葉尻に暗さが残っていて、後悔の念がヒシヒシと伝わってきたんです。
でも3Dのときに吹っ切れたみたいなんですよね。自分がいつ闇に呑まれるかわからない恐怖がリクを追いつめていたんですけど、ソラが深い闇の眠りに落ちてしまったときにその恐怖を克服したんですよ。
ソラを助けたい。
ソラは自分を助けてくれた。
今度は自分がソラを助けたい。
贖罪の気持ちからではなく、ただ純粋に「友だちを助けたい」という思いが恐怖に打ち勝ったんですよ。
本当に文字打ちながら、泣きそう…。
加えて、キーブレードマスターに成れたことがリクの自信になったんだと思います。
それをきっかけに、贖罪の気持ちや後悔の念を上手く自分の中に落とし込むことが出来たようで本当に良かったです。
ソラと対等の友人であるという自覚はあるものの一歩引いた場所にいたリクは、このときやっとソラの隣に立つことが出来たんですよ…。
もう、泣くわ;;
これまでのキングダムハーツはソラが光の象徴であり、リクは闇の象徴みたいなところがあったんですけど、もう完全に光属性。
光の勇者、リク。
うわ~~~~。
あーリクはキーブレードマスターになったから、「ソールイーター」は使えないのか。闇の力を媒体とするから「光の勇者」になったリクには使えない。
だから、置いていくのか。
レプリカに託すのか。
さっっっっっっっいこう!!!
夢の国提供だからバットエンドは有り得ないんだけど、ここまでキャラクターを救ってくれるとは思ってもいませんでした。
感謝しかないです。
拝み倒すしかない;;
真面目で一生懸命で、優しくて友だち思いなリクが、無印を初めてプレイしたときから今も変わらず大好きです。もう十数年以上リクが自分のしがらみから解放されることを願ってきた私にとって、今回のトレーラーは本当に本当に泣きました。
あの、あのリクの清々しい顔といったら…;;
もうKHⅢが楽しみで仕方ないです。
どうか、十三機関もマスターゼアノートも皆が救われるといいなと思います。

いくらでも待ちますけど、多分2018年には出ないと思う…。嫌みでもなんでもなく、あのクオリティからして来年の12月がベストのような気がするんですよ…。
多分ですけど、多分。
ノムリッシュはそういうとがありますから(私何様だよ)、気を長くして待っています。

リクーーーー!!!!!!
めちゃくちゃ好き!!!!!!
大好きだよー!!!!!!

「サクラ」

※ネタバレあり

相棒元旦スペシャルにめちゃくちゃ萌えたのは誰ですか?!??!??!??!
わたしで~~~す!
そんなわけで、冠城くんと右京さんに萌えさせて頂きました。
元旦から、本当にありがとうございました!!!!!!

内容は少年たちが苦しいめに合うので、かなりしんどかったです。私、少年少女にはお腹いっぱいご飯を食べて、たくさん寝て、好きなことをして笑っていて欲しい派なので…頼む~幸せになってくれ~ってラストまで願ってました。
罪は科せられてしまったけれど、少年たちの未来に希望が見えて良かったです。

そして問題なのが、冠城くんの発言なんですよ!!!!!!
冠城くんが大切な人を人質に脅されるんですけど、右京さんに「あなたは誰を人質にされたんですか」と聞かれたとき「ノーコメントで」って言葉を濁すんですよ。
えっ?!??! えっ?!??!
んんんんんんんんんんんんんんあああああああああああ~~~最高~~~。神に感謝~~~。
右京さんのことじゃん…右京さんしかいないじゃん…。
わたし、どうよう。
社さんなのは察しがついていましたが、期待せざるおえませんでした。
期待しちゃうよね…当然ですよ…。
まぁ実際のところ、冠城くんの大切な人が右京さんだったら失神しちゃいますけどね。

「それで、君の人質は誰だったんですか」

「さぁ…誰でしょうね」

そう言って右京さんを見て、冠城くんには微笑んで欲しかった~~~。
妄想だけで萌え吐きそう。
歴代の相棒の中で、亀山くんとカイトくんはかけ算よりも足し算組で、神戸くんと冠城くんはかけ算組な感じです。
なので、神戸くんと冠城くんには右京さんを取り合って欲しいというのが私の願望です。
イケメンにさ、取り合って欲しくない?!??!?!??!
私は!!!!!!
して欲しい!!!!!!

「あの人は、相変わらずですね」

楽しそうに微笑む神戸。冠城は続くように言葉を発した。

「本当に面白い人ですよね」

「冠城さん…あなた、もしかして」

「さぁ…どうでしょう?」

やややややややや、やばくない?!??!?!??!
ヤバいよね…。
ウワアアアアアアアアアアアア~~~観たい…観たい…。
ご、後生なんで…後生なんで…。
最近の私は、後生と言っておけばなんとかなると思っています。

でも本当にテレ朝には感謝!!!!!!
ありがとうございました!!!!!!!!!

広告を非表示にする

ザ・マミー

※ネタバレあり

全体として、いまいち盛り上がれませんでした。かなり期待していただけに残念でなりません。
物語の流れ的に「ここが最高潮だな」という場面はわかったのですが、私としては「惜しい」の一言です。
トムクルーズがミイラ女に気に入られる、という設定は良かったのですが…。
恋愛に寄りすぎたからなのか?
んんんんんんん~~~。
寧ろ、神をも超越した力を持ったトムクルーズがどんな過去を経てそうなったのかをやった方が面白かったのではと思ってしまいました。
個人的に盛り上がったのがクリス(相棒)を蘇らせてニック(トムクルーズ)と人間に戻る為の旅に出るというラストシーンだったので、これ流れ的にジェニー(ヒロイン)の危機に力を持ったニックが表れて~の方が私としては良かったです。
あと男二人(ここ重要)の旅が最高に見たい。
自分が殺しちゃった相手を蘇らせて一緒に旅をするとか!!!!!!
うわ~~~最高;;;;
ラストシーン、めちゃくちゃテンションがあがりました。
ダークユニバーサルシリーズの詳細は知らないのですが、これニックが主人公で続いていくなら本当に本当に感謝しかない。
観たい。本当に観たい。
できれば、ニックが男(ここかなり重要)のモンスターに執着される話が観たい!!!!!!
願望だけど、観てぇ~~~。

何より本編を観て思ったことは、永い眠りから目を覚まさせてくれた存在がトムクルーズとかめちゃくちゃヤバくない???
理由はどうあれ、好きになっちゃうし執着しちゃうわって思いました。
「うわっ、わたし…幸運過ぎ…?!」ってなりますよ!!!!!!
ガチャなら一発で、☆5・SSR・UR レベルを引き当てたということ…。
て、手放したくない…。
呪いが使えるならわたし、絶対トムクルーズに自分を惚れさせる。
だってトムクルーズトムクルーズですよ…冷静でいられる方がおかしくないか?!??!?!??!
アマネットの執着は当然な気がします。
あと、トムクルーズの筋肉最高でした。
感謝しかない。
何時間でも眺めてられる。
あれが55歳の肉体…というかトムクルーズ55歳なのに驚き。40歳くらいにしか見えないのに…。
凄い;;;;

ジキルとハイドが出てきた時は、テンションあがりました。ジキル博士の話を詳しくやって欲しかったです。どんな物語があったのか、かなり気になります。
それともこれから、やっていくのか?
やって欲しい~。

いいところはたくさんあるのに、全体としていろいろと惜しい作品だと思いました。
ですが、今後にかなり期待しています。

主演はずっとトムクルーズで!!!!!!
お願いします!!!!!!

広告を非表示にする

精霊の守人


→ラウル×チャグム

普段はドラマが終わり内容を把握してからCP語りをするんですが、今回ばかりは待っていられず書くことにしました。
もうね、萌えの大爆発。
ありがてぇ、ありがてぇ。号泣。
ちなみに原作は読んでいません。
それを踏まえた上で、よろしくお願いします。

最初は普通に楽しんでいたんですが、ラウル王子のビジュアルにやられてしまいましてね…。初めて見たとき、度肝を抜かれました。

「に、二次元かよ…」

単純でしょ?
浅はかな腐女子なんで、許して下さい。
それに加えてラウル王子とチャグムの絡みが…こう…卑猥?…でしてね…ヒュンってなりました。
ラウル王子とチャグムは、孤独の王子という立場は似ているものの、真逆の性格をしていて分かり合えそうなのに分かり合えないというのが最高にいいんですよ。
恐怖で民を支配し導こうとするラウル王子が、真っ直ぐな思いで民を導こうとするチャグムに惹かれるのヤバくないですか???
いや~~~、ヤバいですよ。
吐きそうなくらい萌え狂います。
王子(陰)×王子(陽)の関係性。
は~~~ため息しかでない。
本当に最高のCPに出会えたと思ったら、またしてもマイナーCP!!!!!!!!!
嘘だろ…?!??!?!
こんなに萌えるのにマイナー…どうしようのない絶望が私を襲う。
うわ~~~pixivで10000件とか増えてくれ…。

もうここからは悔しいので、希望という名の妄想話をします。
民と同じように恐怖でチャグムの心を支配しようとラウルが画作しても、チャグムの心は決して折れません。鈍ることなく輝きつづけるチャグムの瞳をきれいだと思いながら、自分に屈しないことに腹を立てるラウル。痺れを切らしたラウルはチャグムに聞くんですよ。

「どうしたら貴様の心を折ることができる」

チャグムは諦めたような笑みを浮かべながら、「それは無理でしょう」と力なく告げます。

「何故だ」

バルサが生きている限り、私の心が折れることはありません」

「なら、チャグム。そのものが死んだら、お前はどうなる」

微かに揺れるチャグムの瞳に、ラウルは喜びを抑えられない。弧を描くラウルの口元を見たチャグムは我に返りゆっくりと口を開きます。

「悲しむでしょう。それはもう酷く。生きていることすら、辛くなるほどに。けれど私は生きて、自分の命を全うしなければなりません」

「どうしてだ」

バルサがそれを望んでいるからです」

チャグムの心に絶対的な存在として君臨している「バルサ」に、ラウルにはめちゃくちゃ嫉妬しくれ。部下に八つ当たりするほど嫉妬してくれ。チャグム似の女性と無意識に寝るくらい嫉妬してくれ。
頼む、後生だからさ~~。
これからどんどん絡んで欲しいし、ラウルにはチャグムに死ぬほど執着して欲しいです。

かなり期待してます!!!!!!

広告を非表示にする

中島先生

中島保先生が好き過ぎてしんどい。
フジテレビで放送されていたドラマ「ON」に登場する心療内科の先生なんですけど、私の好み過ぎて胸が苦しい日々を過ごしております。

ドラマの内容はかなりグロい。海外ドラマ「ハンニバル」を思い出させるようなしたいが山ほど出てきます。主人公の藤堂比奈子は感情の起伏がゼロに近く、「何故、人は人を殺すのか」ということに疑問を感じているサイコパスに近い様で遠い人。そんな主人公を気にかけるのが先生なんですよ。
先生めっっっっちゃ優しいんですよ。人を思うことも人に寄りそうことも出来る。けれど、優しいからこそ、その優しさが仇になるわけで。善の行為を成し遂げるには倫理に反することもしなくてはいけないわけで、善=善ではないですよね。
そんな中でも、良くあろうとする先生が好きです。
一生懸命で誠実な人が大好きなんですけど、先生は自分の手は汚さず殺人をする人なのでもう「善人」ではないんですよね。いくら良き人であろうと、してはならいことをした時点でもう先生は「悪人」なんですよ。

あ~~~中島先生~~~。

どうして先生では藤堂を救えないのか。きっと同じ場所に立っちゃうからだなと思いました。藤堂がいる位置はとても危険で、本来なら「そこは危ないからこっちこい」って言って「普通の場所」に引っ張ってくれる人が必要であって、中島先生のように共感してくれる人ではないんだなと感じました。
共感はとても大切なことですけど、藤堂にとっては共感は「肯定」になってしまいますからね。
でも中島先生は藤堂をめっちゃ心配してるんだよ~~。
あ~~~中島先生結婚して~~。
善の為に人を操って殺人しちゃうやばい人だけど、先生に「うんうん、そうなんだ」って言って貰いたい。私の話聞いて欲しい。
私は先生の帰りを待つ嫁になりたい。
本当に好き過ぎてしんどいです。

広告を非表示にする