行間を読む

男同士の言葉に出来ない何か

銀と金

→銀二×森田.森田総受けetc...

→ドラマ視聴済

福本作品にしっかり触れたのは「銀と金」が初めてです。
いや~~本当に面白かったです。
兄は昔から福本作品が大好きだったのですが、私は何故か興味を示さずそして現在ずぶずぶにハマるという。お兄ちゃん、ごめんよ。
妹はまだ幼かったのです。

もうね、森田の才能がどんどん開花していくのがたまりませんでした。
結局、森田に必要だったのはきっかけ。ただ、普通のきっかけではなく「平井銀二」という人間と出会うことが森田自身の殻を破る為に必要だったのだと思いました。
また「銀王さま」と呼ばれている銀さんが自ら声を掛けたというのが堪らなくしんどい。
裏社会のフィクサーとも呼ばれている銀さんが、くすぶっている森田に声をかけた。
やばくないですか??
やばいですよね??
私、息が出来ないんですけど???
しかも!!!!!! しかも!!!!!!
銀さん、めっっっっちゃ森田のことを信頼してるし!!! 森田も、銀さんのことめっっっっちゃ好きだし!!!
セザンヌ編でお金を手にしたとき「これで銀さんに会える」って森田言ったんですよ。笑顔で。
は~~~しんどい。
大好きじゃん。銀さんのことめっっっっちゃ大好きじゃん。
巽さんには銀さんに似てるって言われるし。
やめて、私のライフはと思っていたら最高の爆弾。
「俺が牙、お前の豪運が翼、2人でこの国の牙城を撃つ」
んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!!!!!!
何これ…プロポーズかな?
わ、わたしのもうそう?
わけがわからなくなり泣く。
公式が最大手とはこのことか。
そして蔵前編での「俺の右腕である森田が」でぶじしぼう。私物。森田は銀さんの私物~~あ~~。これが現実。合掌。
結局、2人は別れちゃうんですけど森田は「銀さんと組みたい」ではなく「銀さんと身が焼ける勝負がしたい」と思い銀さん達の元を去るんですよ。
凄くないですか。あの「銀王」と勝負がしたいんですよ森田は。くすぶっていた頃を思うと本当に成長したし、もし銀さんと出会えなかった森田を想像するだけで、やっぱり2人の出会いは奇跡だったんだねって思います。
ラスト、「また会おう」からの「お久しぶりです」がね~~。
森田頑張ったね。銀さんにまた会うためにどれだけ頑張ったのだろうか。泣ける。
原作は森田が純粋が故に別れる出演でそれから休載なので、ドラマはある意味理想とも言える夢の終わり方でした。
どうじんしでみたやつだ!!!!!
で、成長した森田に感動ながらも無意識に森田に独占欲を向けていたらいいよ。
森田天然たらし属性だから銀さんがめっっっっちゃ嫉妬してくれたら嬉しい。わたしが嬉しい。

私、クソ腐女子だから「銀と金」は「銀さんと森田」を表しているものだと思っていたんですけど、兄から将棋の駒のことを指していると言われました。「銀」という駒がありその裏が「金」だと教えてもらい再びぶじしぼう。
あ~~2人はプリキュア???
プリキュアだったのか~~。
しんどい。これはしんどい。

リリー銀さんのかっこよさがはんぱなかったです。これじゃ森田も好きなっちゃうよ~~。は~~。
銀さんファミリーから森田めっっっっちゃ可愛がられたし、とてもおいしかったです。
欲を言えば、神威編や森田離脱で荒れる銀さんを見たかったです!!!!!!

もう、ありがとう御座いましたとしか言えないドラマでした。
本当に素敵な作品をありがとう御座いました!!!!!!

広告を非表示にする