行間を読む

男同士の言葉に出来ない何か

リバース

湊かなえ

講談社

※ネタバレ・ホモあり

今回はいつものオムニバス形式ではなく、一人のしかも男性視点でとても新鮮に感じました。主人公・深瀬が感じる人間関係に対する消化出来ない気持ちは凄く共感しました。
人は誰でも言えない過去を持ってはいるけど、深瀬の場合は世間から見て「平凡」に見えるだけに抱えている過去との落差に物語が見えます。湊さんは、本当にこういう話が上手い。
最初はミステリーと感動系の合わせ技かなと思っていたら、イヤミス。ラスト2ページが本当にすごかったです。まどマギの映画を観た時と同じ気持ちになりました。
「良かったね…めでたしめでた、あああこれ虚淵作品だった…」
この感じを思い出しました。

そして湊かなえ作品で初めて推しCPが生まれました。自分でも驚きです。
主人公深瀬と友人広沢です。広沢は深瀬が友人と呼べる唯一の存在であり初めての親友。とても温厚で優しく人を惹きつける魅力がある人なんですが、ここまでだとCP的に深瀬×広沢になりそうですが私は広沢×深瀬を推したい。
一件、内向的な深瀬が広沢に執着して矢印が多い様に思えますが、、広沢の方が深瀬に対して矢印が多いんですよ。
広沢はいい人なんですが、あまりに温厚な故に物事に執着しない人。くるもの拒まず、去るもの思わず。友人を思うあまり自分のことは口にしないし、相手に無理に理解されたいとも思わない。けど、深瀬と一緒にいるのは楽しいとはっきりとした自覚があるんですよ?? やばくないですか? やばいですよね??
深瀬の煎れた珈琲をのみながら一緒に映画を観て1日を過ごすんですよ? カップルかな?
広沢の親御さんに「一緒に珈琲を飲む相手は君か~」からのてっきり恋人が出来たのかと思っていたの流れは最高。本当にしんどい。やめて、彼はもういないの。でも深瀬との時間は大切だったというのが、広沢が亡くなってから知るというのがまたね~~。
深瀬から感じる未亡人感がやばい。
結末は深瀬の善意が広沢を殺してしまったわけですけど、広沢は許すんだろうなと思います。笑って「しかたないよ」と告げる広沢に対し「ごめん」と泣きながら謝り続ける深瀬。「泣くなよ」と言いながら深瀬を抱きしめる広沢。
あ~~~誰か恵んでおくれ。
しかも!!! しかも!!!
連続ドラマ化!!!
深瀬がふじわらたつやとかひぇぇぇぇ。どう足掻いてもリア充な気が。でも闇を抱えているので合うかな。あと広沢がこいけてっぺい。まじか。個人的に大柄めの屈強な男ぽいイメージがあったんで驚きです。
でもCPに変更はなし。広沢×深瀬で行かせてもらいます。
んんんんん、くっっっっっそ萌えCPなのにマイナーな修羅の道なのが辛いです。
流行れ、流行ってくれ!!!

湊さんの男性が主人公の小説をもっと読みたいと思いました。
本当に面白かったです。

広告を非表示にする